近年、どの自動車損害保険を扱う会社も値段引き上げに転じつつあります。自動車保険が保険料の釣り上げをするということが起こると、私たちの家計にとても大きな打撃を与えるといえます。では、どうして運転者を守る保険が料金値上げをされるという事態になっているのでしょうか。その現象の主な原因としてよく言われることには、概して2項目あると考えられます。まず第一に高齢の運転手がどんどん増加していることです。自動車を所有しているのがまったくもって当たり前の世界になってしまったので、お歳を召した乗用車所持者も増加しつつあります。また日本全体の傾向として超高齢化社会を迎えつつあるという趨勢が理由になって、更にお年寄りの乗用車所有者が増える傾向なのは間違いありません。お年寄りの場合は、通常は保険の料金が手ごろに設定されているので、保険会社にとっては、ほとんどうま味がないと言えるのです。何故かというと保険の料金が低いのにトラブルを起こされたときに高額な補償費用を支払わなければいけないからです。その場合、損を取る可能性が大変に高いので自動車損害保険会社は保険の掛け金を高くする他に手がありません。次に、二番目の原因として考えられる事は若年者のクルマへの興味のなさです。老齢の乗用車持ちは増加しているのですが、反対に若い年代は自動車というものに憧憬を抱かなくなりつつあるのが現状です。背景に当たるものは公共の交通インフラの充実と費用的なことなのです。収入の安定したお仕事に就くことができない若者が数多くいるために、自動車を手に入れる経済的な余裕がない人も相当数いるのです。その上、一昔前の考え方であれば、マイカーを所有していることがサラリーマンの嗜みでしたが、長年の不況も影響してかステータスなどとは言いにくくなってきたのが現状です。こういった理由で、保険料金が高齢と比較してコスト的に割高な比較的若い世代の契約数が年々減っていると考えられます。こういったことが積み重なって自動車損害保険会社も値段釣り上げに踏み切っていると考えられるのです。