未払い金のあるクレジットカードの使用取りやめを行う際も注意⇒ボーナス払いまたは会社独自のプラン前借りなどといった未払い残金に対する払い出しが依然として終了していないという段階のまま契約失効手続きという行為を実行してしまうとごく自然な帰結ではあるがカードの契約失効手続きとともに返済残額について一度に全て返済することを督促される場合もあります(要は返済が終わっていないことをかえりみず残金を使用取りやめする意志を持っているならばとにかく返済しろと要求されます)。資金に十分な余裕が残っている場合ならば問題ないが先立つものが不足している場合にこういった使用取りやめということをするのは自らの首を絞めるようなものなどとも言えるのですからとりあえずペイメントが達成されてからクレカの無効化を開始するほうが無難と思われます。使用取りやめの時点で一体どの程度保有しているクレジットを利用して支払うべき金額がどれくらいかをじっくり見極めた結果納得して契約失効手続きに及んで下さい。使用不可能化上のマージンというものがかかってしまうカードもあることに注意〉最近、とても限定された例ですが一部のクレカでは使用取りやめ上の必要経費に類するものが必要になってしまう場合があります(一部のJCBカードのみ)。かなり限られた条件と断言できる故に全く気にしなくてもトラブルは起きないのですが、クレジットを使用し始めてから定められた期日以前で解約を行う状況などに解約上の必要経費などというものがかかってしまう仕掛けが出来上がっているのですからこのような契約失効手続き手数料を支払いたくないということであれば、定められた日数が過ぎるのを待ってよく期日が過ぎてから解約に及んでもらうようにして頂きたいです。また、不安に思わないでほしいのはこういった場合は無効化を希望した場合にオペレーター側から通告あるいは警告に類するものが当然のこととして言われるのが通例です。先立った予告がまだのうちに突然無効化のための代金といった類いのものが天引きされてしまうというようなことはないはずですので、気軽に解約を係の人に申し出てあなたが持っているクレカに使用取りやめにかかる金額が払う必要があるか否か尋ねて頂きたいと考えております