クレカがいらなくなった!こうした考えが浮かんだらサービスの無効化(むこうか)です。確認はいらないと思われますがカードの無効化とは消費者が使用中のまさにそのクレカを再びお店などに赴いても購入出来ない状況に戻してしまうことを意味します。こちらの一節でクレカの使用不可能化の段取りから使用の中止に際しての注意事項などを力を入れて挙げてみることにしました。この解説をご覧になってもらえれば契約解除をする時の疑問点をすっきりと解決してもらえるに違いないと思っています。割り切って言うけれども、クレジットカードを契約解除するのは思いのほか楽ちんです。「カード会社に一回申請をしたらすぐに解約するのは面倒じゃあるまいか」。」という思い込みや「クレジットの解約の申請が煩雑なんじゃないだろうか?」というように思い込んでしまう利用者も多く存在するという話だけれども意外にも簡単なことにカードの機械読み取り側に印刷されてある電話番号に電話をした後契約解除の意思を言うのみで楽に契約解除が可能(たった3分くらいの申請で完了してしまいます)。作る準備の時はあそこまで億劫だったのとは対照的に使用中止の事務手続きはなんと数分間のやり取りで完了するの?などという風にびっくりして何も考えられなくなってしまうことだろう。実際に使用中止の申請は楽に完了できるのでしょうか?その通りです。クレカの使用不可能化の手順は例外的なケースを除き、無効化のために要する書類も必要なければしつこく慰留されることもまずありません。嘘偽り無しにたった「所有している△△クレジットサービスを使用不可能化したいと思い、ご連絡さし上げたのですが・・・」などといった風に電話口の応対者に言うようにして頂ければ問題ありません。実は、私の知り合いもかつて15枚以上のクレジットを使用中止するために電話し続けて参りましたが一回も退会に際して当惑したような事態はまずないことからもこういったポイントについては必要以上に考えないで頂きたいものです。知人を介して小耳に挟んだ情報では無効化を願い出ようと電話したところその理由がどんなことによるのか差し支えなければ聞いてもいいかと言われるという例外的なやり取りが存在したらしいのですがただ単に参考意見の調査に類する質問だったと言っていたのでしつこく継続を迫られる面倒もほとんどないと言っていました。もし尋ねられたという状況に直面したとしても『年会費がもったいないから』とか『他社のカードの方がお得だと思ったから』と言う具合に言えば問題ないのです