FX(外国為替証拠金取引)の面白さは単独の投資商品であるにもかかわらず、投資期間を「短期」「中期」「長期」という3種類の期間からどの期間をセレクトするのかということによって資本の投下の手だてが大きく異なるところにあると言われます。最初は外国貨幣への投入の「長い期間の投資」について考えよう。長期のスタンスとは、一年以上の長期の出資が原則とされているものです。だいたい為替の相場で一年以上経った後の為替相場が円高か、もしくは円安なのかを考えるということは、たいていの場合苦難です。実際のところ「そんなに先の動向は予言できない」となるのが本当のところです。わからないことを懸命に推測しようと思っても、無駄なものなのです。そんなわけで他の貨幣を買ったと仮定して、そのタイミングでの価値よりも円が高くなったとしてもいつか元に戻るだろうという軽い意識で取引にチャレンジすることが大事です。為替の利益を一生懸命に上げるというよりも他の方法での利益、言うなればスワップ金利を上げるということを、まず最初のねらいということにして投資しましょう。無論、短期的に為替差損にマイナスがすごくなってしまうこともあります。そういったことから、こういう場合のような損失でも耐えられるようにレバレッジをなるべく少なめで売り買いする心がけは大切です。外国為替証拠金取引(FX)は、損が一定額を上回って拡大すると、追い証(追加保証金)を払わなければならなくなったりもしくは損切りを置くことになります。損切りがかかったら即座に売買を終わりにしなければならず長期取引は難しくなります。この手のリスクを回避するためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にしてやり取りするのが安心かと思います。第二に中期の投資の売り買いを見てみましょう。中期の場合最大でも1?2ヶ月ばかり後々を考慮しての取引となります。為替の取引においては、約1ヶ月くらい後のことはおおよそ推測できると考えられます。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)の類の国同士の集まりの内容や為替市場で売買している人たちがどういうポイントに興味があるかを調べれば、いくらか、予知できるはずです。上記のように経済の状態を見る一方でチャートをチェックすることによって為替の相場の動きを理解しどちらのポジションかを決めるのがいいでしょう。基本的に、ファンダメンタルズとテクニックのどちらでも光りあるいは買いが同様であれば、ほとんどのケースではその様に動いていくと考えて良いです。そのような時は持ち高を増やすことによってさらに多くのリターンを入手できるに違いありません。3つ目に短期トレードの要点。ここでいう短期のスタンスとは、つまりは日計り取引のことを示しています。為替市場で日計り取引をするにあたり、経済の基礎的条件は少しも関わりがないと明言していいです。どうしてかというと翌日の為替のレートの変動に、ファンダメンタルズは影響ないからです。この時ミソは大きな行事がある時それにより為替相場が動く一瞬を狙ってトレードすることです。例を挙げるとアメリカ合衆国にて雇用者の統計が公開されるもしくは金融会議などで金利が動くような催しごと。こういう絶好のチャンスに変化を逃してはいけないとのわけで、短期のスタンスでは高度なものが必要となる。