自分の車の買取金額を可能な限り高くするものには、中古車を売却する時期タイミングというものも大事なポイントです。所有するマイカーをできるだけ高額で乗り換えることを考慮すれば少なからず注意点があるといえます。自動車の見積査定ポイントとして重視されるものに走行距離があります。一般的に走行距離というのは自動車の消費期限とされるケースもありますので、走行距離が長ければ長いほど見積もりにはマイナス要因となります。走行距離が500キロと9万キロではご存知の通りで、中古車の価格は変わってきます。普通は走行距離だけで見れば少ない方が車の査定額は高値になりますが、実際は突っ込んだ線引きはないため、一定の線を引いて査定額が算出されます。例えば普通車ですと年間標準走行距離1万kmで線を引いてこの走行距離以上だと査定がマイナスになるなどです。軽自動車の場合年間8000kmがまた年式が古いのに走っている距離が小さいケースでも、買取額が上がるとも一概には言えません。一般的には年式・走行距離での見積査定の留意点は、保有年数にたいして適切な距離を走っているかというところです。自動車も例外ではないです。次にその自動車の経過年数も買取査定のポイントです。十分と理解しているんだといった人もたくさんいると考えていますが、一般的には年式が最近であるほど買取査定では有利なのですが、稀にですがその年式に希少価値があるブランドは昔の年式であっても高額で査定額が出されることもあります。次に、車検も重要です。周知の通り、車検をするには費用が必要ですので車検に出すまでの残り期間が大きいほど査定は上積みされると思うかも知れませんがそれは誤りで、実際には車検直前でも直後でも車の見積額には全然関係がありません。軽ワゴン、電気自動車、車検切れの車、というような車種のコンディションや形式も買取査定に関係を与えます。車検に出す前は売却を考える時期としては望ましいということになります。逆に査定を吊り上げるために、車検を済ませてから買取査定を頼もうと考えるのはお金の無駄ほとんど意味がないということになります。その他に専門業者に自家用車を査定し、買い取ってもらうタイミングとしては2月と8月が狙い目と言われている時期です。なぜかと言いますと、自動車買取業者の決算の時期が3月と9月になっているところがほとんどだからです。ですから例えば、1月に売ろうと考えたとしたらあとちょっと待って2月に自動車の査定をお願いして引き取ってもらうのも良い方法です。自らの事情もあると思いますので、ひとまとめにして機会に買い取ってもらうわけにもいかないと思いますが、できるならそうした時期に手放すのがよいかもしれません。