自分の車の査定額を高くするには、、自動車を手放す時期、タイミングも影響があります。所有する車をできるだけお得に処分することを思いめぐらせれば、、ポイントがある訳です。自動車の見積査定ポイントとして重要視される点に走行距離があります。多くの場合走行距離イコール、自動車の消費期限と考えられる場合もありますので、実際の走行距離が長ければ長いほど、売却額査定の際には減点材料になるでしょう。メーターが1000キロと5万キロでは当たり前ですが査定対象車の売却金額は相違があります。普通は走行距離だけで見れば短ければ短いだけ愛車の査定額は高くなりますが、実はそれほど詳しい目安はなく、一定の目安で査定額が決まります。例えば、普通車だと年間1万kmを目安としてこの線を超えていると一般的にマイナス査定の要因になります。軽自動車だと、年間で8千kmがまた年数の割には走っている距離が相当少ない場合でも、売却額が高額になるというものでもありません。一般的には年式と走行距離での買取査定の要点は保有年数と比べて適切な走行距離になっているかということです。中古車も例外ではありません。車の初年度登録からの経過年数も、自動車見積査定のポイントなのです。きっちり把握しているというかたが多いと考えていますが、基本的には年式は新しいほど査定では優位なのですがごく稀にその年式の車にプレミアが付いているものは古い年式の場合でもプラスに査定額が出されるケースがあります。次に、車検があります。周知の通り車検というのは費用が必要ですので車検に出すまでの時間が大きいほど査定は高くなると思えるのが普通かもしれませんがそれは誤りで、本当に車検の前でも後でも中古車の査定には全然影響がありません。海外の車、水没車、という感じの中古車のタイプも売却額に関係を与えます。車検に出す前は売り時としてもタイミングがいいと考えることができます。一方査定を吊り上げるために車検の後に売却額査定してもらおうというのはナンセンスでプラスに働かないということです。また買取業者にマイカーの依頼をして、引き取ってもらうタイミングとしては2月と8月が狙い目です。なぜなら車買取業者の決算がその前の3月と9月というところが結構多いからです。ですから、1月に売るよりは少し待って2月に査定見積もりを専門店に頼んで引き取ってもらうのも良い方法です。それぞれの事情もあるでしょうから、皆が皆このような時期に売却するなどというわけにもいかないと思いますが可能ならばこうしたタイミングを狙ってみると都合がいいかもしれません。