書籍のチラシ、スポーツ新聞紙、街角に見られる宣伝広告やDMで「多重借金の整頓任せてください」「多重借金を統合したくないですか」といった売り言葉を読むことがしばしばです。スチームクリーナー

それらは、「整頓屋」「買取業」「紹介者」という俗称の会社のおとり広告の場合があるということなのです。

それらを申し込んだ場合には自己破産申し立てプロセスの中で一番大切な免責許可を手に入れられなくなるリスクがありえます。

「整理人」の場合、多重負債者を引きつけ、高い代金を受けて整理を行いますが、実際は負債整理は行われないまま、負債者はより債務地獄に落ちるときが9割方と思われます。

「買取人」の場合は当人の分割払いで、家電、コンサートの券を山ほど購入させこれらの商品を売値の30%から40%で受け取るというやり方のようです。

負債人は短期には小金が増えますが、カード業者によって買ったものの売値の請求が届き、実際のところ負債を上乗せするだけです。

このときはクレジットカード会社に対しての犯罪として免責を手に入れられなくなります。

「つなぎ業者」は大手消費者金融から拒絶されるようになった借金人に対し、融資はしないでおいて、資金提供をする違う業者を呼んで、高い紹介料を受け取る業種です。

専門的な手続きで融資してもらえたというようにしゃべりますが現実には何もせず、ただ規程の甘めの会社を分かっているということなのです。

この場合でも本当は借金を悪化させることになります。

  • Copyright © 2012 www.94070.org All Rights Reserved.